アイテム紹介

絶対に購入してはいけないバイク用スマホホルダー

最近ではツーリングの必須アイテムとなっている「バイク用スマホホルダー」

価格も1,000~10,000円くらいのものまで、形状や固定方法もたくさんの種類がありますね。

その中でも

これは使えない!

という商品がありますので無駄なお金を使わない為にも

購入してはいけないスマホホルダーをご紹介いたします。

月輪
後半でおすすめホルダーもご紹介しますね

 

絶対に購入してはいけないスマホホルダーはこれ!

恐らくamazonでよく見かける事があるかもしれませんが

絶対に購入してはいけないホルダーはこれ!

「ジップ式ホルダー」

ジップ式

では、なぜ購入してはいけないのか?を

説明してまいります。

①熱がこもってスマホが高温になる

スマホが防水ではない方が選ぶホルダーだと思います。

しかし、その防水性が仇となってかなりがこもります。

スマホが熱くなりすぎてこんな画面になります。

ナビとしても使えないですし

高熱が続くと確実にスマホにダメージを与えてしまいます。

夏は特に触れないくらい熱くなりますね。

 

②ステーとケースが外れやすい

この手のケースの多くは、下記の様に引っ掛けるパターンが多いですね。

この取付け方法、実はかなり外れやすいです

ステーに引っ掛けているだけなので、

ちょっとの段差があると外れます

かなりの確率で外れます

 

脱落防止用にチェーンもありますが

脱落防止用チェーン

ステーから外れた時点で思わず

外れてぶら下がったスマホを見ちゃいますよね?

でも・・・時と場合によっては事故しちゃいますよ

以上の理由から

このスマホホルダーは購入してはいけませんよ、という

ご紹介でした!

 

おすすめバイク用スマホホルダーはこれ!

わたしが選ぶおすすめスマホホルダーはコチラ↓

「Kaedear(カエディア) バイク スマホ ホルダー」

私が選んだ理由はコチラ↓

①ステー部分が鉄製

ホルダーを取付けるステーの部分が

プラスチックの商品が数多くありますが

この部分は

振動の影響を受ける事太陽光が当たる事

一番劣化をしてしまう場所なので鉄製が安心ですよね?

 

②グローブを付けた状態でも脱着が簡単

休憩中、記念撮影、スマホで調べもの

様々な場面でホルダーからスマホを外すことがありますよね

そんな時に

いちいちグローブを外していると面倒ですからね。

このホルダーは簡単ワンタッチです。

 

③スマホにケースをつけたままでも安定

スマホケースを装着すると、どうしても厚みが出てきます

スマホホルダーの中には取付け出来なかったり

グラグラと不安定になったりするものもあります。

でもこのホルダーならガッチリホールドしてくれます。

しかも

ミラーマウントクランプバーもついて

価格も2,000~2,500円くらいで販売されているのでとってもお買得ですね!

月輪
Amazonセールだとかなり安くなったりしますので狙い目です

動画もありますので、よかったらご参考くださいませ!


-アイテム紹介

© 2022 猫でも分かるバイクの乗りかた