アイテム紹介

猛暑がやってくる?!バイク乗りが夏を快適に過ごす為のひんやりアイテム5選【2021年度版】

梅雨が明けたら、真夏はもうすぐそこですね!

夏はバイク乗りの季節なのですが、やっぱり暑すぎてもキツイですよね。

そこで!

快適な夏を過ごす為のアイテムを5選紹介いたします!

①AJIAO 冷却ベスト

保冷剤を入れたベストやファンを取付けたウェアなど

冷却系のウエアはたくさんありますが「ツーリングに行く」という事を考えればコレをお勧めします!

■おすすめポイント3つ

  1. ツーリング先でも水さえあれば何度でも冷却効果を復活できる
  2. 前開きなので簡単に着脱ができる
  3. 効果が大きく価格もお手頃なのでコスパが良い


 

②ネックガードフェイスカバー

夏のバイクは可能な限り肌を露出しない方が

直射日光で焼かれずに、快適に走れるというはよく知られています。

しかし

ついつい長時間日光にさらしてしまう体の部位があります。

それは

首まわり

特に首周りは太い血管が通っているので

ここが暖められると血液の温度が上昇して、体温が上昇してしまいます。

それをガードするのがネックガード&フェイスカバーなんですよ。

特に耳掛けが可能であればズレ難いので尚おすすめです。


③エアスルーシートカバー

長時間走っていると意外と熱がこもってしまうシートまわり。

そして、お店に入ったあとにバイクを炎天下に駐車し

戻ってきたらシートがアツアツになってますよね。

そんな時に有効なのが「エアスルーシートカバー」です。

シートとお尻の間に風を通して、蒸れや熱気を逃します。

ただし、スポーツ走行には向いていないのでご注意ください。

④ウエア用クールスプレー

もう限界! 今すぐに冷やしたい!

これを一つ持っていれば、緊急の冷却を必要とする場合はとても便利です。

持続時間は約45分

そんなに長くは無いので、休憩時のリフレッシュや熱中症への応急処置などに活躍します。

⑤冷水クールベスト

最初に水でぬらして何度でも利用できる

冷却ベストをご紹介しましたがコチラのベストは

冷水を循環させて冷やす最強の冷却ベストです。

15分の着用で、表面温度が-2℃低下するという驚異の性能。

お値段はそれなりにしますが、真夏でも快適なツーリングが楽しめますよ。


 

以上

夏のツーリングを快適に過ごす為の

ひんやりアイテム5選でした!

月輪
もうすぐ夏ですね!交通安全に気を付けて、楽しいツーリングライフを!

-アイテム紹介

© 2022 猫でも分かるバイクの乗りかた