ニュース ニューモデル

【話題】2022Kawasakiの隠しニューモデルはザッパーで確定か?!・・・・・で、ザッパーって何?

 

2021年9月8日、カワサキモータース公式のYouTubeチャンネルにアップされた
ティザー動画「RETROVOLUTION」の第二弾が公開されました!


その映像の中に「Z650FOUR(B1)」通称:ザッパー(ZAPPER)が
チラリと映った事で

 

・次のKawasakiのニューモデルはザッパーの復活で決定?!

・「Z650RS」来るか?!

 

と巷ではバイクファン達の間で話題となっています。

クロ
ザッパーかー!ザッパーが来るとはニャ!
650ccのエンジンは丁度良いサイズのバイクとして人気があるので、もしそうなら良いチョイスですよね。
月輪
クロ
ところで、ザッパーってニャに?
・・・・・・・・・
月輪

それでは深く、濃い情報は専門誌にお任せするとして、

このサイトでは初心者の方でも分かるように、
簡単にどんなバイクだったのか説明しますね。

 

超人気車種「Z2」の最適化版!目指せ「Z1ジュニア」

■750RS(型式:Z2)通称:ゼッツーの登場

1972年に登場した「Z1(903cc)」が海外でかなり高い人気となり
販売も好調だった為、日本国内で販売したかったんですが、

業界の自主規制により750cc以上のバイクは販売はできませんでした。

 

そこで排気量を調整、スケールダウンして登場したのが

750RS(型式:Z2)通称:ゼッツーですね。

出典:BikeBros (https://www.bikebros.co.jp/)

月輪
ちなみにZ750RS」と表記されているケースがありますが実は「Z750RS」というシリーズは存在しません。

Z1からのスケールダウンという事もあり
オーバーサイズ感があったZ2(ゼッツー)。

フレームもZ1のままでしたからね。

 

■専用設計の車体で登場した「Z650FOUR」

Z650FOUR(B1)は当時の新車価格で43万5000円でした。 出典:BikeBros (https://www.bikebros.co.jp/)

ミドルクラス本来の性能を発揮させる為に専用設計を行い
全長2170mm、全幅850mm、全高1145mm、ホイールベース1420mmという
Z2よりもコンパクトな車格となっています。

エンジンにもかなり進んだ技術を投入していて
まさに新時代のZ!

Z1に続くメーカーを代表する車種を作ろう!

という事で

ホンダのCB750Four(1969年発売)に対抗しようとしていたみたいですね。

エンジンスペックは

・652cc空冷4サイクル
・並列4気筒DOHC2バルブ
・最高出力64ps/8500rpm
・最大トルク5.8kgm/7000rpm

 

■ザッパー(ZAPPER)の意味とは

ザッパー(ZAPPER)の由来となった語源は

「ZAP = 風を切る擬音」に加え、

 

軽く、速く、走るスポーツバイクとしてニックネームが付けられました。

実際に性能、走りのレベルの高さは業界からも注目されていたしました。

 

が、しかし

 

当時の市場は「ナナハン(750)」に乗る事がライダーの憧れとなり

 

性能は高いものの、どうしても中途半端な排気量として見られてしまう650cc
世間の反応も鈍く、大きな販売には繋がりませでした。

 

現在でも玄人向けにはかなり人気の高い車種ですね。

 

クロ
生まれてきた時代が早かったかニャ?
でも、このコンセプトと技術は、後のカワサキ製バイクの主流となって、1980年代以降の空冷4気筒モデルの発展に大きく貢献していますね。
月輪

 

新「Z650RS」はやっぱり「Z650」がベース?

普通に考えれば「Z650」がベースになると考えられますよね。

出典:BikeBros (https://www.bikebros.co.jp/)

なので、

Z900RSみたいな4気筒ではなく

2気筒になってしまうのは残念ですが

でも現代の2気筒 650ccのバランスの良さはかなり高いと思いますので、

ザッパーの様な軽快な走りは期待できますね。

そして、肝心の価格は

現在発売されている「Z650」がメーカー希望小売価格 847,000円

さて

現行の

「Z900」がメーカー希望小売価格 1,100,000円

そして

「Z900RS」がメーカー希望小売価格 1,386,000円

 

その差額 +286,000円

 

と考えると
う~ん・・・・100万超えるのかな~

 

とにかく

ニューモデルの正式発表は2021年9月27日の予定なので、期待して待ちましょう!

-ニュース, ニューモデル
-,

© 2022 猫でも分かるバイクの乗りかた